工場や倉庫の空き地に太陽光発電を導入する事にはどんなメリットがある?

近年、広大な敷地を持つ工場や倉庫などでは、空き地や屋上を利用して太陽光発電設備を導入する企業が増えています。これは、現在世界中の目標とされている省エネの実現や、2016年4月より開始された電力自由化等も要因となっているでしょう。
また、工場や倉庫などへの太陽光発電設備の導入は、広大な敷地を利用して施設の稼働に必要なエネルギーの一部を自社で賄うことが出来るようになるなど、コスト面のメリットが得られるものだと思いますが、そのほかにも多くのメリットがあるのです。
本稿では、工場や倉庫などで、屋根や空き地を利用して太陽光発電設備を導入することのメリットについてご紹介していきたいと思います。

太陽光発電について

数年前から住宅の屋根などにも設置されることが一般的となってきたソーラーパネル。「どのような設備なのか?」については、よく目にするものですのでイメージしやすいと思います。この太陽光発電設備は、ソーラーパネルを空き地や屋根などに設置しておくだけで、太陽光エネルギーを電力に変換してくれるという発電方式です。したがって、パネルを設置できる場所さえあれば、火力発電のようにCO2の排出もなく、環境に優しいエネルギーを作り出せるという点が注目されています。
まずは以下に、一般的に言われる太陽光発電設備のメリットとデメリットをご紹介しておきましょう。

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットからご紹介します。上述したように、CO2の排出もなく環境に優しい発電方式だという事が大きなメリットとして注目されていますが、そのほかにも様々なメリットがあります。

  • 石油燃料を使用しない発電方式のため、有害物資の発生を防げる
  • 設置することで、売電はもちろん、自治体や国からの補助金など、補助や利益を受け取ることが可能になる
  • 電力会社から購入する電力が減るため、電気料金を安くできる
  • 設置可能な場所が多く、導入のための制約がその他の発電方式より少ない
  • メンテナンスが簡単
  • 自家発電用の太陽光発電設備があれば、万一の停電時に安心
太陽光発電設備には、一般的に上記のようなメリットがあると言われます。

太陽光発電のデメリット

それでは逆に、太陽光発電設備のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、よく言われる太陽光発電のデメリットについてご紹介します。

  • ソーラーパネルの種類も増え、価格も低くなっている傾向があるが、やはり導入にはそれなりのコストがかかる
  • 屋根に太陽光パネルを設置する場合、パネルの重量によって屋根や建物に負担がかかる。また雨漏りのリスクも高くなる
  • 発電量が天候によって大きく左右され、安定感に欠ける
  • 台風や地震などの自然災害に弱い
太陽光発電のデメリットは、上記のようなものがあげられます。当たり前のことですが、太陽光発電は太陽の光によって発電するものですから、悪天候や夜間などの条件によって発電量が大きく左右され、安定した発電量の確保が課題となっています。

工場や倉庫に太陽光発電を導入するメリット

ここまでは、太陽光発電の基本についてご紹介してきました。それでは、本題の「工場や倉庫に太陽光発電設備を導入するメリット」について考えていきましょう。
冒頭でもご紹介したように、近年では広大な敷地を持つ工場や倉庫において、太陽光発電設備が導入されるケースが増えています。これは、「そもそも余った土地がある」や「屋根や屋上を有効利用したい」といった事も大きな理由になるのでしょうが、太陽光発電設備を導入するときのネックとなる『導入コスト』に対して、様々な助成金や補助金が整備されている点も大きな理由でしょう。
さらに、工場や倉庫に太陽光発電のような省エネ設備を導入することには様々なメリットがありますので、そのメリット面を考慮して導入する企業も多いのです。以下で、筆者が考えるメリットをいくつかご紹介します。

省エネに取組む工場が支援を受けることができる補助金・助成金をまとめてご紹介!
電力購入費を削減できる
工場や倉庫などの大規模施設において、太陽光発電を導入することの最も大きなメリットは『電力購入費の削減』でしょう。当たり前ですが、大規模な施設になるほど、照明や空調を稼働させるために大量の電気が必要になります。さらには、様々な機械を取り扱うと考えれば、より多くの電力も必要になります。したがって、空き地や屋根を利用して太陽光発電を導入することで、工場の稼働に必要な電力の一部を自社で賄うことが出来るようになり、電力を確保するためにかかっていたコストを大幅に削減することが出来るのです。
企業のイメージアップにつながる
近年、環境問題への取り組みは企業の社会的責任ともみなされており、CO2排出量削減のために様々な対策が進められています。
そのような中、太陽光発電は、石油燃料を使用しない発電方式のため、大幅なCO2削減効果が見込めます。したがって、太陽光発電設備の導入は、コスト削減だけでなく『環境問題に取り組んでいる企業』とPRすることもでき、企業のイメージアップにつながります。
太陽光パネルの遮熱効果を期待できる
これは、屋根に太陽光パネルを取り付けた場合のメリットです。屋根に太陽光パネルを取り付けた場合、屋根に降り注ぐ太陽光のエネルギーは設置されたパネルが吸収します。したがって、結果的にソーラーパネルが遮熱効果を発揮し、建物内に熱が伝わることを防いでくれる結果となるのです。夏場などであれば、室内の気温上昇を抑え、空調の使用量を抑えることが出来るでしょう。

まとめ

今回は、広い敷地を持つ工場や倉庫などへの太陽光発電設備の導入には、どのようなメリットがあるのか?についてご紹介してきました。本稿でもご紹介したように、空き地や屋根を発電設備として活用することは、工場の稼働に必要なエネルギーコストを削減できるだけでなく、『環境に取り組む企業である』と自社のイメージアップに大きく貢献してくれるものだと思います。もちろん、太陽光発電設備の導入には、設置面積に合わせたなコストが必要になりますが、補助金や助成金を利用することが出来ると考えれば、メリット面の方が大きいと言えるのではないでしょうか?
大量の電力を確保するためには広い敷地が必要とされる太陽光発電ですが、空き地や広い屋根を利用できる工場・倉庫にとって、非常に向いている発電方式と言えます。環境への取り組みが企業に求められている今、ぜひ太陽光発電設備の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です